お金 &  法律 Page  〜お役立ち情報リンク集 〜

 

生活お役立ち情報リンク集です!さりげなくおに役立てればうれしいです

Index

Contents

情報検索

冠婚葬祭

お金&法律

パソコン

ショッピング

旅行

グルメ

健康

 

 

楽天カード

VISAカード

ビューカード

Yahooカード

JCBカード

UCカード

アメックス

ダイナースクラブ

MC(マスターカード)

西武クラブオンカード

SESONカード

ビックポイント

 

☆ ☆ 宝くじページ ☆ ☆

銀行系

銀行検索

みずほ銀行

東京三菱UFJ銀行

三井住友銀行

りそな銀行

郵貯銀行(郵便局)

野村信託銀行

JAバンク

城北信用金庫

信用金庫

ジャパンネット銀行

イーバンク銀行

 

証券系

三菱東京UFJ証券

野村証券

日興證券

大和証券

みずほ証券

 

ネット証券

MONEX証券

SBI証券 (旧イートレード証券 )

その他

JALマイレージLogin

ANAマイレージ

Bic Suica

  JAL HP

ANA HP

 

ページトップへ

contents

   法 律 の 知 識

民法

民事訴訟法

民法特別講義・債権各論第9回売買契約(4)特殊な売買契約・買戻・交換

消費者の窓

諸制度・権利

割賦販売法

割賦販売法の法定書面

消費者契約法

特定商取引法とは

民事訴訟法講義ノート

社団法人日本クレジット協会  

      困ったときは… 協会 / 団体

消費者庁

 

国民生活センター

 

日本弁護士連合会(日弁連)

 

クレジットは発行したカード会社に連絡することとなります。たとえば「JCBカード」になっていても、たとえばセゾンで作ったカードはJCBではなくセゾンカードに連絡しないと話が全くわからないということになってしまいます。あくまでも相談窓口はカードの名前というより何処のクレジット会社で作ったかをよく確認して連絡 や相談をしてみてください。

ページトップへ

contents

ブラックリストに載ったら人生台無し!? 「個人信用情報」ってどんなもの

 自分の情報は気になるもの

『自分の金融取引に関する情報はどうなっているのか?』まして現代は情報化社会。なおのこと、「私のクレジット情報などは守られている?」「どんなところまで記録されているの?」「間違って登録されていない?」など様々な心配をされている方も少なくありません。自分の知らないところで登録・管理されるのですから、心配に思うことは自然なことかもしれません。
 

@ なぜ信用情報機関はある?

新しいクレジットカードや各種ローンなどの申し込みをしたとします。それに対して金融機関は「この人に貸して大丈夫かな?」と思いますよね。その信用調査をする際、参考にするものが必要になってきます。そこで、信用情報機関が利用されているのです。ですので、ポイントを付けて評価しているわけでもなく、金融面以外の家族情報や趣味などのプライバシーが侵されるわけでもありません。銀行、信販、クレジット、消費者金融の業界側で自主的に支払能力の調査、過剰貸付や多重債務者の増加防止、取引の損失を未然に防ぐことなどを目的に設置されているのです。
 

A 「ブラックリスト」なんてものはない

信用情報機関の情報リストの中にブラックリストというものがあり、要注意人物が載っているリストがあるとお思いの方もいらっしゃいまが、ブラックリストというものは存在しません。また、“ブラックリスト”とは俗称であり多くの方がブラックリストと呼んでいるものは「事故情報(債務整理をした人、延滞をしている人など)」が記録されたものを、通称ブラックリストと呼んでいるに過ぎません。

*余談〜
なぜ「ブラックリスト(俗称)」と呼ばれるように?
事故情報などが記録された人のデータシートは、文字や数字でうめられ黒くなってきます。これが語源だとは言い切れませんがこんなものではないでしょうか。

個人信用情報の登録される期間は、種類によっても異なりますが登録期間はおよそ5〜7年です。 ただし、消費者金融系の全国信用情報センター連合会(全情連)では「官報に公告された公的記録情報」として自己破産・民事再生に関する情報を開始決定日から10年間登録すると公表しています。

 

 信用情報はどうすれば見られる? どういう機関がある?

自分に関する信用情報は見られる?

本人が許可した相手(その信用情報機関に加盟している業者でなければいけない)のほか、ご本人も信用情報機関の個人情報を見ることができます。それ以外の人、職場や家族の人でも勝手に情報を見ることはできません。あなた自身が身分を証明できるもの(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)を用意し、信用情報機関に行き開示請求の申し込みをすれば情報を見ることができます。規模の大きな信用情報機関は東京以外にも支店がありますが、郵送でも請求が可能となっています。料金は無料〜500円(郵送開示の場合は郵送料の実費負担が掛かるところもあります)。開示請求の方法は各信用情報機関によって違いがありますので、確認のうえ利用してください。

 信用情報機関はどんなところがあるの?

金融に関する信用情報機関は数種類あり、主要なところだと次のような機関があります。
「全国銀行協会 全国銀行個人信用情報センター(全銀協)」 〜 銀行系
「(株)シー・アイ・シー(CIC)」 〜 信販・クレジットカード系
「(株)日本信用情報機構(JICC)」 〜 信販・クレジットカード系と消費者金融など
各ホームページ、目的や情報開示方法、加盟会員会社名などが詳しく掲載されています。一度ご覧になってみてください。

 事故情報が登録されたら人生台無し!?

「返済が1ヶ月遅れたから、(俗にいう)ブラックリストに載ってしまったのでは…」と心配に思う人によっては「もう一生、ローンが利用できない!

社会的信用がなくなった」と、強く悲観する人もいます。ですが過度に神経質になり恐れる必要はありません。たとえ登録されたとしても、ローンなどが一生使えないわけでもありませんし、信用といっても金融面での信用で社会的信用とか人間的な信用ということではありません。

あまりいうと、事故情報の登録をされても気にすることはないと言いたいのかと勘違いされそうですね。生きていくうえでさほど大きな影響はありませんから、そんなものにとらわれ過ぎずに“変な便利さ”の考え方から離れ、得た収入のなかで支出を抑える高いものはある程度貯めてから買うなど、本来のお金のやりくりを見返すことに重きを置いてもいいのではないかと思います。

カードが使えない、ローンが組めない生活は、まんざら悪いものじゃありません。

家計が見えて、喜んでいる人も多くいるのです。

ページトップへ

contents

inserted by FC2 system